2017年7月19日水曜日

夏本番に向けて

こんにちわ!女踊りいずみです。
いずみ

暑い日が続きますが皆さんいかがおすごしでしょうか?
私も阿波踊りを始める前は夏だ!海だ!花火だ!遊ばなきゃ!!とワクワクしていたものでした^_^
しかし、阿波踊りを始めてからは夏を迎える心の持ちようが変わりました!
徳島阿波おどり本番、高円寺阿波おどり本番を目前に他にもいろいろな場所で出演させて頂いていますが、体力つけなきゃ!がまず第一にきます。気の引き締まるような気持ちの中、違ったワクワク感満載です。
阿波踊り、練習風景

夏が近づくとどんどん練習量も増えてきますが、ほどよい緊張感と一つのものをみんなで作り上げていく楽しさ、そしてそれを大きなお祭りなどで披露させて頂ける喜び、一人でも多くの方に是非実感して頂ければと思います!
阿波踊り、全体練習、
鳴り物、室内、練習
阿波踊り、笑顔、大太鼓


東京新のんき連に入る前は体力的にもついていけるのか?と不安だらけでしたがご安心下さい!人間慣れる生き物です!(笑)

踊りはまだまだ自分の中でもテーマが盛り沢山ですが単調な動きの中の奥深さに楽しみを見つけながらこれからも日々精進していきたいと思います^_^

それでは皆さん夏本番!!東京新のんき連の踊りを是非お楽しみに♪
画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、テキスト



直近の出演情報です。お時間がある方は是非いらして下さい^_^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
○7/23(日) プレ阿波踊り
  15:00〜18:00@高円寺中通り商店街
  http://www.nakadori.jp

○7/28(金) 神楽坂まつり(鳴り物)
  19:00〜21:00@神楽坂
  http://www.kagurazaka.in/matsuri/

○7/29(土) きたまち阿波踊り
  18:00〜20:30@東部練馬駅
  http://www.kitamachi-awaodori.com

○7/30(土) かせい祭り
  17:00〜20:00@都立家政駅
   https://facebook.com/toritsukasei

○8/5(土) 清瀬ふれあいロード夏まつり
  16:30〜20:30@清瀬駅
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年7月12日水曜日

新人着付け教室開催!

こんにちは!笛のかなです。
7月に入り、ここ数日真夏の陽気が続いている東京です。暑いですね(^-^;
皆さん、熱中症に気を付けて過ごしましょうね!


さて今回は、先日開催された“新人着付け教室”に潜入してきた時のことをレポートしたいと思います!

新人着付け教室は、今年デビューを迎える新人さんを対象に開催されます!
2年目以上の連員の着付け練習については、みっしーさんのブログをご覧下さい(^^)


まず着付け練習始める前に、衣装について取り扱い方、注意点等の説明を受けます。
皆さん少し緊張した面持ちで聞いていますね。






一人ひとり衣装を受け取ったら着付け練習開始です!


先輩の指導者に付いてもらい、着付けのやり方を一つ一つ教わります。

着付けの手順を覚えるのと同時に、どのようにしたら自分自身の体型に合った美しい着付けになるのかを体で覚えます。

時間の許す限り、マンツーマンの熱い指導が繰返されます。

最初は緊張した様子でしたが、衣装を着るという嬉しさからでしょうか、皆さん楽しそうに練習していましたよ(*^-^*)








皆さんとっても似合っていますね!
一緒に出演する日が今から待ち遠しいです(^^)


衣装ってどうしてるの?自分自身で着れるようになるの?というような不安は少なからず皆さんあると思います。
私もそうでした、着物なんて滅多に着ないし...

しかしながら、このように新人対象の着付け教室があったり、2年目以上の連員に対しても、着付け練習の時間がたくさん設けられていることでそんな不安はなくなりました。

衣装を美しく着て、美しいパフォーマンスを魅せるために、着付け練習の必要性を改めて感じた、そんな一日でもありました!



以上、新人着付け教室レポートでした(^〇^)!



2017年6月27日火曜日

この夏は徳島で本場の阿波おどりを見よう! 徳島市阿波おどり 2017 観覧ガイド

今年はあまり雨が降らない梅雨ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。梅雨が明ければ、もう夏です!夏といえば阿波おどりですよね。ということで、今回は、徳島市阿波おどりのお祭り本番についてご紹介します。「本場徳島の阿波おどりに興味はあるけど、まだ参加したことない」という人にとって、本記事が参考になれば幸いです。

演舞場で踊る踊り子たち

開催日程


まず日程ですが、徳島市阿波おどりは毎年同じ開催日で開催されます。

8/12(土)〜8/15(火)

(注)8/11(金・祝)夜に前夜祭が開催されます。

今回は、初日・2日目が週末に重なっていますので、前半戦の週末には、全国からの観光客で非常に混み合うことが予想されますので、要注意です。

開催期間中の主なイベント


主なイベントは以下の通り。

多くの皆さんが TV や映画を通じて見たことある阿波おどりのイメージは、桟敷席ありの演舞場の中を踊り子が踊っている姿だと思います。こちらは開催期間中の夕方以降に開催されている演舞場での踊りです。一方、日中はあわぎんホールで、有名連による演舞が見られます。こちらは詳細は後述ですが、非常にオススメです。

演舞場にて
上記のリスト以外にも主な観光地や徳島市内の各場所へ阿波おどり連が出張して、踊りを披露しています。どこで見られるかは観光案内所でも確認できます。また、スケジュールやチケットの買い方については、阿波おどり会館のWebサイトにまとめられているので、こちらも確認してみてください。

以下は、阿波おどり会館の Web サイトで公開されている各イベントの開催場所をまとめたGoogleマップ(後述)です。イベント開催場所の位置関係が気になる方はチェックしてみてください。スマホのGoole Mapで見たい方は地図の右上の枠を押してください。



8/11 前夜祭 〜開幕を祝うスーパースターの共演〜


8/11(金・祝)に前夜祭として、徳島の有名連から選抜された踊り子達が一同に介して、阿波おどり開催を祝うイベントが、アスティとくしまというホールにて開催されます。

前夜祭は、いわば阿波おどり界のスーパースター達の共演です。幻想的な光と音の舞台演出、そして選抜された踊り子達の美技に圧倒され、阿波おどりってこんなに繊細な表現があるのか〜、すごい技巧的な踊りやるんだな〜と改めて、本当に驚かされます。

筆者は、徳島出身でありながら、実は、東京新のんき連に入った 2014 年まで前夜祭を生で見たことありませんでした。2015 年、東京新のんき連の踊り子として初めてお盆に帰省したので、他の連員と一緒に生まれて初めて前夜祭を観覧しました。その祭、前夜祭の圧倒的な演出に感銘を受けました。


8/12(土)〜15(火)選抜阿波おどり大会 〜お目当ての連をゆっくり見たい方にオススメ〜


前夜祭は、多くの連が合同で出演するのに対し、選抜阿波おどり大会は、徳島の有名連が毎日6連ずつ日替わりで演舞を行います。1連あたり約10分程度の踊りが見れます。もし、お気に入りの連があり、その連の踊りを落ち着いて見たい!という方にはピッタリです。

選抜阿波おどり大会の醍醐味は、やはり前夜祭と同じく「見せる(魅せる)踊り」です。幻想的な音と光の演出、そして踊り子たちの踊りをじっくりと見られる点が醍醐味です。


8/12(土)〜8/15(火)演舞場でのおどり 〜ビール片手に屋外の桟敷席で踊り観覧〜


多くの方が TV で見たことのある阿波おどりといえば、演舞場の中で流し(パレード)を行う踊り子の姿だと思います。徳島市阿波おどりには、無料・有料含めて 6 つの演舞場があります。観客は、演舞場の両脇に設置された桟敷席に座り、踊りながら進んでいく踊り子達を鑑賞できます。


藍場浜演舞場からの眺め

徳島阿波おどり期間中は、市内中心部の大きな道路や公園を封鎖して桟敷席を設置して、演舞場を作っています。演舞場はおおよそ全長 120 〜 130 m くらいの長さ。演舞場が広くゆったりした空間になっている点も徳島市阿波おどりの特徴です。川沿いの公園に設置されている南内町演舞場や藍場浜演舞場は、潮の香りを感じたり、提灯の灯りが川に反射したりしており、夜の景色には風情があります。風情のある場で踊れることは踊り子にとっても光栄です。

なお、演舞場の桟敷席チケットを買う場合は、時間帯・演舞場の場所に要注意です。
演舞場でのおどりは、2 部構成(18〜20時、20時半〜22時半)になっています。当日や翌日の予定に合わせて、ちょうど良い時間帯の席を買うと良いでしょう。

(注)2017 年の桟敷席チケット一般発売は 2017/7/1(土)からです。購入方法などの詳細は公式 Web サイトを参照ください。

また、桟敷席でも演舞場内の位置で値段が変わります。演舞場の中央から出口の方が踊りが見やすいので、中央から出口にかけての桟敷席チケットを買うのがオススメです。

にわか連に参加して実際に踊ってみよう!


光に包まれる演舞場へ入場
筆者は、大学生の時に 3 回ほど県外のお友達を連れて徳島市阿波おどりに参加したことがあります。皆さん、参加する前は、「見るのはいいけど踊るのはちょっと・・・」と言いますが、実際に祭りに参加すると「ちょっと踊ってみたい」と気持ちが変わる人がいます。

そういう、観光客向けに「にわか連」という連があります。指定された日時・場所に集合し、その場で15分ほど練習して、いきなり演舞場へ踊りこみます。皆さん、最初は演舞場で踊ると聞いて緊張した面持ちでいますが、最後はアルコールも入って、元気に笑顔で踊っています。「踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損々」という有名なかけ声がある通り、阿波おどりを楽しむ最良の楽しみ方は実際に踊ることです。皆さんの勇気を出してにわか連に参加してみてください。


身近で輪踊りを見よう!


最後に個人的にオススメの観覧方法をご紹介します。

冒頭でも書きましたが、踊り子達は、舞台や演舞上の出演時間帯以外に、徳島駅近くのデパート前・商店街・市内の通りなどで、踊りを披露しています。大々的に事前アナウンスしているわけではないので少し場所が分かりづらいですが、観光案内所などで踊りを見られれそうな場所を聞けば教えてもらえます。

この時に踊り子達がよく披露するのが「輪踊り」です。これは、舞台の組踊りや演舞場の流しとは違い、踊り子が円を組んでしゃがみ込んで待機し、踊り子が数名ずつ円の中に入って即興の踊りを披露するというスタイルです。踊り子達が非常にリラックスしたムードで、非常に楽しそうに、その場で即興な踊りを見せてくれます。踊り子が踊りを披露した後、最後は観客も混じって一緒に踊ったりもします。前夜祭や選抜阿波おどり大会で踊るような、かっこよく、少し緊張感ある「見せる(魅せる)踊り」とは違い、楽しい参加型の踊りです。

観客としては、目と鼻の先で踊り子が踊る姿を見られるため、非常に臨場感があり、楽しいこと間違いなしです。もし日中、時間があれば輪踊りをしている連を探してみてください。

---

以上、徳島市阿波おどり観覧ガイドいかがでしたでしょうか?遠方に住む方は移動が少し大変でしょうが、参加してみれば楽しめること間違いなし。一度はぜひ本場で阿波おどりを体験してみてください。

参考URL

2017年6月21日水曜日

美しさを極めるために。

こんにちは!みっしーです。
東京は梅雨といえど雨は少なく、暑い日が続いていますね。東京新のんき連ではシーズンに突入し、連続して出演が控えているため、気合いを入れて練習に精を出しております!

さて、そんな東京新のんき連で今の時期力を入れていることといえば…踊り、お囃子の練習だけではないんです。
それは…衣装の着付け練習です!
新人さんへの着付け練習とは別に、経験年数に関わらず、ちびっこから大人まで連員全員で今一度着付けをしっかりと見直そうという試みです。

ただの着付けと侮るなかれ。隅々まで神経を行き届かせて、美しさを追求します。踊っていて着崩れしてこないように、だらしなく見えないように。
短い時間でいかに綺麗に着付け出来るか、何度も繰り返します。

家でひとり練習しても、ここはこんな感じで良いかな…?といまいち自信が持てないので、連員同士で確かめ合いながら練習出来る機会はとても有り難いです。
また、他の連員が気を配っているところや工夫しているところなどを情報共有できて、有意義な時間となります。

また、着付けた後は衣装のまま練習に参加します。普段の練習着とは異なり、帯がきつく締まった状態で美しいパフォーマンスを魅せる練習になります。

こうして実は着付けの練習にも多くの時間を割いている東京新のんき連。
これからの出演で連員を近くで見かける際には、その衣装の美しさにも注目してみてくださいね。

2017年6月14日水曜日

出演風景〜セシオンまつり2017〜

こんにちは!三味線のちづるです。

今日は先日行われたセシオンまつりの模様についてレポートします☆

セシオンまつりとは
このように高円寺地域区民センター協賛会様による、セシオン杉並区民センターで開催される家族みんなが楽しめる毎年恒例のイベントです。

このイベントに高円寺阿波おどり連協会から5連が参加させていただいており、私たち東京新のんき連もその一連として出演してまいりました。

まずは朝から集合し本番前のミーティング。
背中に闘志がみなぎってます。
舞台のリハーサルを終えると、衣装に着替え本番前の束の間の休息。
笑顔の中にも緊張感が感じられますね。
そしていよいよ本番!

私たちは5連中の2番手に登場です。
まずは鳴り物が美しい旋律を奏で、お客様を舞台に引き込みます。
そして踊り子が華麗に舞います!
踊り子と鳴り物が一つになる瞬間です。

この快感とお客様の歓声が私たちの原動力です。
すべての連の演舞が終えると、最後は出演連5連による合同演舞!
踊り子たちがご観覧の皆様のすぐ近くまで踊り込みます。
そして大迫力のフィナーレ!
最前列のちびっ子たちも頑張ってます。
今年も大円団でセシオンまつりが終了しました☆

もちろん出演後の打ち上げは必須。
これはみんなでついさっき踊った演舞の映像を見ているところですね。

笑顔もあり、微妙な顔付きもありの連員たち。
きっと今日の自分の出来を反映しているのでしょう(笑)

そんなセシオンまつりの模様が素敵なお写真でまとめられているaiupa様のブログです。
http://aiupaparazzo.jp/blog-entry-416.html
東京新のんき連の写真もたくさん撮っていただいていますので是非ご覧ください♪

そしていつもありがとうございます。
東京撮影連様による動画です。
実をいうと自分たちが見ると反省点しか目につかないのですが、それを糧とする為にも敢えてこのブログにも残しておきます(笑)

このブログをお読みいただいている皆様方は、私たちの踊りを純粋に楽しんでいただければ幸いです(>▽<)

阿波踊りシーズンもすぐそこ!
さらに磨きをかけた演舞をお見せすることをお約束いたします!

皆様のお越しを高円寺でお待ちしております(^▽^)/