2018年9月12日水曜日

ロシアは阿波踊りのような踊りはありますかと時々聞かれます。

男踊りのテクニックで言えば、まっすぐ浮かぶのはコサックダンス。


実は阿波踊りを始めるまではあまり見たことがなかったが、共通点がありそうということで最近調べてみました。


ロシアではコサックダンスといわず別の呼び方をします。コサックというのはウクライナの軍事組織で、ウクライナではホパックというふうに言います。

ロシア伝統舞踊はおおざっぱに2つの種類に分けることができます。ダイナミックな主に男性の踊りと大人数で行う輪踊りがあります。輪踊りは阿波踊りの輪踊りと違うもので手を繋いで輪っかになってぐるぐる回るイメージです。この輪踊りは女性でも男性でも踊ります。全体的な模様性が大事になります。


derbenevka.com


ダイナミックな方の踊りはしゃがんだ姿 勢で踊ることがよくあって、しゃがみ方に種類bがいくつかあります。

例えば

半しゃがみ、つま先は八の字
半しゃがみ、つま先は平行
フールしゃがみ、つま先は八の字
フールしゃがみ、つま先は平行
フールしゃがみ、足を前に出す
フールしゃがみ、足を真横に出す
しゃがんだ姿勢からいきなり立ち上がる

など
かなりハードな運動です。






その歴史は12世紀に遡ると言われています。

伝説によると、12世紀、キエフ、ある石積み職人が長時間労働で疲れた足を動かすために道端に出てまさにコサックダンスのような動きをしていました。ある日、当時の大公ウラジーミル2世モノマフがそれを見かけて、気に入って、自分の元へ誘って躍らせました。非常に流行って今日まで伝わったといいます。


ロシア伝統舞踊の有名な団体の動画を共有させていただきます。



いかがでしょうか。

ロシア伝統舞踊の輪踊りは穏やかで大人数揃って行うところはなんとなく阿波踊りの女踊りと共通点があるような気がします。


男性のダイナミックな踊りは、座った姿勢からいきなり立ち上がってまたしゃがむという踊り方は多いですが、その点で阿波踊りの男踊りと違います。東京新のんき連の男踊りは腰を常に低くすることを大切にしていますし、動きながら座って完全に座った姿勢でしばらく踊るのも見せ所です。


ロシア伝統踊りを見ながら、自分の踊る阿波踊りに何か取り入れるものがないかななんて考えています。





2018年8月22日水曜日

出演報告~徳島市阿波おどり2018~

こんにちは!男踊りみっしーです。

あっという間に夏休みが終わってしまいました。
それはつまり徳島から東京へ戻ってきたということ。
今年もたくさんの刺激と、少しのさみしさを胸に帰ってきました。
前回のブログにも書いたとおり、今年は記念すべき新のんき連創立50周年の年!

50周年記念うちわ♪
ということで、東京からは例年以上に多くの連員が参加しました。
飛行機やバス等各自が色んなルートで続々と徳島入りして行きました!


桟敷で踊る前日から阿波おどりの空気に浸るべく、前夜祭から楽しんだメンバーも(^^)
前夜祭ならではの豪華な演出に興奮!
今年も徳島にやってきたんだなあと実感しました♪

徳島の昼間は肌を焦がすようなジリジリとした日差しでとても暑かったのですが、夜になると川辺からの涼しい風も感じられて踊りやすい気温になりました。
街の中に川が流れている徳島のこの景色がとても好きです♪


そして桟敷に入る直前のこの景色は何度見ても感動します。


こんな広い空の下、明るいライトに照らされた場所で踊らせてもらえる機会はなかなかありません。
この特別な空間に圧倒され、この経験をずっと忘れたくないなあと感慨に浸ってしまいますが、踊り出しの瞬間にまたスイッチを切り替えます。




演舞場を進んで行き、両側にずらりと並んだ観客の方々から歓声や拍手が聞こえると嬉しくてたまりません♪より笑顔になっちゃいます!

今年は新のんき連創立50周年を記念して、連旗も掲げて進んでいきました。


貴重な50周年という記念の年に踊らせてもらうことが出来てとても光栄でした。

阿波おどりの本場徳島で踊らせてもらえることは楽しさを味わうだけではなくて、もっと技術を磨いて観客の方を魅了できるレベルに上がっていかないといけないという気持ちを改めて感じさせてもらえる機会でもあります。
また来年の夏に向けて気持ちを新たに練習に励んでいきます。


とその前に!忘れてはいけない、今週末はいよいよ東京高円寺阿波おどりです!
ぜひ我々の鍛練の成果を観にいらしてください♪
応援よろしくお願い致します!


2018年8月8日水曜日

いざ徳島♪

こんにちは!男踊りみっしーです。



ついに今年も、阿波おどりのために徳島を訪れる夏休みがやってまいりました。
昼は選抜阿波おどりの舞台を観て、夜は演舞場で踊るという、まさに阿波おどり漬けの4日間。

毎年とても楽しみにしているのですが、今年はなんと新のんき連創立50周年という記念すべき年なんです!
ぜひとも感動を皆で共有したいと、東京からもたくさんの連員が参加します♪

今年はどんな景色が見られるのでしょうか。
どんな想いを抱いて東京に帰ってくるのでしょうか。





またこのブログでお話させていただきます。
それでは徳島、行ってまいります♪


2018年7月24日火曜日

7月はまだまだ多数出演します!神楽坂まつり & かせい阿波おどり

例年に増して厳しい猛暑が続いていますが、ブログ読者の皆様、元気にお過ごしでしょうか?

さて、先週末は、今年で5回目となる「高円寺中通り商店街 プレ阿波おどり」に出演させていただきました^^

イベント前に全員でパチリ!

プレ阿波おどりは、東京新のんき連にとって、阿波おどり本番シーズンの幕開けとなるイベントであり、毎年新人たちのデビュー戦でもあります。
今年も演舞を披露させていただいた他、観客の皆様と流しを一緒に踊らせていただきました^^
Facebookのアルバムに写真を公開していますので、当日の様子についてご興味ある方はぜひご覧ください!

ちびっこも大活躍

さて、夏真っ盛りの7月は、なんと、まだまだあと2個も出演があります!

1つ目は、7/27(金)に「第47回神楽坂まつり」に、あずさ連さんのサポートとして鳴り物だけで出演させていただきます。
艶やかな大人の街、神楽坂の夜を飾る阿波おどり。
今から出演が楽しみでしかたありません^^

いざ夜の神楽坂へ(昨年の神楽坂まつり出演写真より)

そして、2つ目は、都立家政商店街主催の「第39回かせい阿波おどり」。
毎年、多数の出店が出展して、非常に地元愛あふれる、楽しい雰囲気が楽しめるお祭りです^^
東京新のんき連は、祭り本番の7/29(日)に出演いたします!夏の楽しい思い出作りに、ぜひお越しください!


元気に踊るちびっこ達(昨年のかせい阿波おどり出演写真より)
艶やかに踊る女踊り(昨年のかせい阿波おどり出演写真より)
勇ましくはつらつと踊る男踊り(昨年のかせい阿波おどり出演写真より)

それでは、お体にお気をつけて、楽しい阿波おどりの夏をお過ごしください^^

2018年7月11日水曜日

合同練習!

こんにちは!
笛のカナです(^^)





日毎に炎暑が厳しさをます今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて先週の日曜日、徳島より新のんき連の方々が高円寺に来てくださり合同練習を行いました!






リズムの取り方など、ホワイトボードを使って詳しく教えていただきました!!







限られた時間の中で、少しでも技術を吸収して上手くなれるようにとみんなとても真剣です!!









今年は、新のんき連創立50周年の年です!
東京新のんき連からもたくさんの連員が徳島へ参加します!!

私は初めて行くので、今からとてもワクワクしています☆
練習の成果を発揮できるように精一杯頑張ります(^o^)

新のんき連の皆様、ご指導ありがとうございました!!